■ 平成31年2月18日


米粉講習会の開催のご案内


 平成21年に「米穀の新用途への利用の促進に関する法律」が施行されて以来、各方面での研究開発により、米ゲル、米ピューレ、アルファー化米粉などの新用途米粉が生まれ、これらが持つ保水性や粘性を活かした米粉食品が続々と商品化されています。
 一方で、食物アレルギーに悩む人々が増加し、特に、小麦アレルギーは世界的な規模で悩みのタネとなっています。東京オリンピックを来年に控えた今、世界の人たちは米が持っているグルテンフリーという特性に注目し、日本の米粉で作ったパンやパスタに熱い視線を送っています。
 このような中で、昨年9月には、全日本空輸株式会社が機内食として「ANAオリジナルグルテンフリー米粉パン」の提供を開始し、米粉パンを積んだ旅客機が毎日世界の空を飛んでいます。
 今回の講演会では、農研機構による米ゲルの開発に共同研究者として参画し、現在は、コスモバイタル鰍フ取締役としてANAに納入する米粉パンの製造を技術面からリードしておられる吉岡久雄氏に、ご自身の体験を踏まえつつ、新用途米粉の過去・現在・未来を熱く語っていただくことにしています。


演  題:「空飛ぶ米粉パン!! 〜新規用途米粉の開発から米粉パンANA採用までの流れ、そして米粉のこれから〜」

講  師:コスモバイタル株式会社取締役/技監 吉岡 久雄 氏

日  時:平成31年3月27日(水) 午後1時30分〜3時30分

会  場:リビエラ東京 パリセイズテラス
       東京都豊島区西池袋5-9-5
       https://www.riviera.co.jp/banquet/tokyo/access/index.html


受講申込:公益社団法人米穀安定供給確保支援機構HP「米穀機構 米ネット」http://www.komenet.jp/の特設ページ応募フォーム(下記の「ご応募はこちら」ボタン)よりお申し込み下さい。

ご応募はこちら



問い合わせ先
公益社団法人米穀安定供給確保支援機構
安定供給支援事業部 石間、絹川
電話番号:03−4334−2165
e-mail(石間):ishima@komenet.jp
フッター画像



  1.  
  2. © 公益社団法人 米穀安定供給供給確保支援機構(略称「米穀機構」)安定供給支援事業部